pickup

ワンオペで、2人育児を日々奮闘中のライチです!

皆さん、マンガって読みますか?

最近あるマンガを読んで、夫婦について考えさせられました。

そのマンガが・・・

夫の扶養からぬけだしたい

結構インパクトのあるタイトル!

電子書籍の広告によく出てくるので、知っている方も多いかもしれません。

私は結構マンガ好きで、気になる作品は電子書籍を買ったり、TSUTAYAでレンタルして読んでいます!

(時間があったら、本当は漫喫も行きたい・・・!)

ライチ
そんなマンガ好きな私は、広告につられて、まんまと電子書籍版を購入しました・・・(笑)

マンガを読んで、夫婦、家族、仕事について考える1冊になりました!

この記事は、こんなことに心当たりある方に・・・

  • マンガ「夫の扶養からぬけだしたい」が気になっている
  • 夫婦関係に悩んでる(特に専業主婦の方!)
  • 夫の頭の中をのぞいてみたい
  • なんのために自分は働くのか?自問自答している

マンガ「夫の扶養からぬけだしたい」のあらすじや、我が家のエピソードも紹介しつつ、夫婦関係、仕事観について、感想をまとめました!

(あまりネタバレしないようにしていますが・・・多少あるので、ご注意ください!)

スポンサーリンク

マンガ「夫の扶養からぬけだしたい」とは?あらすじ紹介

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,132 (2019/10/20 13:39:49時点 Amazon調べ-詳細)

ママ向け求人サイト「ママの求人」で連載され、「ふよぬけ」と呼ばれてTwitterでも話題となったマンガです!

(賛否両論の意見があったそうです・・・)

主人公ももこは、転勤族で年上の旦那つとむさん、息子のたるとの3人家族。

子どもの出産を機に、マンガ家になる夢をあきらめ、初めての育児に奮闘するももこ。

家計の足しになるようにパートを始めても、稼ぎは保育代に消えてしまい、家事も回らず・・・。

旦那のつとむさんに、助けを求めるものの

主婦でしょ?

たった40万円の収入で”共働き”って堂々と言えるの?

と一喝されてしまいます。

その後、つとむさんの転勤が決まり、専業主婦に戻ることに。

家事育児を助けてほしいけど、収入がない手前強く言えず、相談しても、考えが甘いと否定されてしまい。。

心ない言葉や非協力的な態度に、限界を感じたももこは、つとむさんから自立しようと、求人を探したり、家事の時短などに動き始めます。

そんな中、つとむさんも上司に仕事を押し付けられ、嫌な仕事も家族を養うためと頑張る日々に、限界を感じていて・・・そこで、ある事件が起きてしまい・・・。

  • ももこは扶養からぬけだせるのか?
  • 夫婦関係はどうなるのか?

今後の展開が気になる方は、マンガを読んでみてくださいね!

(あまり書きすぎるとネタバレしそうなので、この辺で・・)

物語は、息子たるとが1歳過ぎた頃からはじまり、幼稚園年中で終わります。

マンガ内では結構時間が流れていますが、あっという間に読み切ることができました!

すべて4コマずつ書かれているので、読みやすく、私は大体1時間ほどで読めましたよ。

ももこ?つとむさん? どちらに共感する?

このマンガを読んだきっかけは、広告を見て、ももこと自分が重ねてみえたからです。

私は、ももこに共感しましたが、人によってはつとむさんに共感する方もいるはず!

「ふよぬけ」をすでに読んだ方は、どんな部分に共感したか思い返したり、まだ読んでいない方は、どちらに感情移入できそうか考えるのもアリです!

ちなみにマンガには、ももこの良き相談相手のワーママ、独身でキャリアウーマンの友人も出てきますよ!

色んな立場から、ももこたち夫婦の関係を見ることができます。

ももこに共感

ライチ
私は、主人公のももこと重なる部分がたくさんありました。

例えば・・・

  • 子どもが生まれてから専業主婦
  • ワンオペ育児
  • 自分の収入がないのが辛い
  • 旦那に育児に関して当事者意識を持ってほしい

つとむさんのような、ひどい言い方じゃないですが・・・実は、私も旦那からの言葉で傷ついたり、収入がないことで対等に見てもらえていないと感じて、悩んだ時期があります。。

ワンオペ育児の大変さも描かれていて、どこも同じだなと、ちょっと読みながら胸が苦しくなりました。

ライチ
そしてママとしての働き方や、働くことの大変さも共感ポイント!

同じ子どもの親なのに、ママは働く時に制限がかかってしまいがち・・・・・。

この状況は、どうしても理不尽だなと感じます。

また家事を分担していないと、家事、育児、仕事にやることがたくさん。。

そんな夫婦や仕事の問題に、直面するももこを見て、考えさせられます。

つとむさんに共感

また、つとむさんの立場や考えを知ると、見方も少し変わります。

発言や態度だけみると、モラハラ夫っぽく見えるつとむさんも、本人は家族のために働き、ももこのために厳しい言葉をかけています。

ライチ
ももこに伝わっていないのが、問題だけど・・・

真面目で責任感が強く、会社では中間管理職で苦しい立場。

家では弱音も吐くことなく、ただひたすら家族を養うために身を削って働いています。

そんなつとむさんからみると、ももこの仕事に対する考えは甘く感じてしまうのもわかります。

我が家の旦那も、つとむさんタイプ。

(最近は、仕事のグチや弱音も吐いてくれるようになりましたが・・・)

つとむさんの視点を知ると、旦那が日頃どんなことを思い、仕事をしているのか、考えるきっかけになりました。

つとむさんも仕事に対して自分の信念があり、考え方は決して間違っている訳ではないと感じます。

そして同じような考えの方も多いんじゃないかと気づかされます。

我が家の場合 夫婦関係の今まで

ももこ&つとむさん夫婦もお互いの考えの違いや、それぞれの立場で苦しんでいますが、夫婦ってそもそも他人同士だし、考えも違って当たり前だよな・・・と最近になって気づきました。

しかし、夫婦関係って本当に難しいですよね・・・。

また、子供が生まれると状況も変わりますし。

ライチ
ここで、ちょっと我が家の話を・・・。

旦那とは大学からの付き合いで、かれこれ14年くらいの付き合いです。

(振り返ると、な、ながい!!)

それでも、いまだに知らなかった!と思う部分もあったりします。

私たち夫婦は、年の差が1歳差で、私の方が年上。

そのため、先に就職して働き始め、旦那の就活にアドバイスしたりと、少し先を歩んでいたつもりでした。

子どもが生まれて仕事をやめたことで、稼ぎのない専業主婦になったからなのか、いつしか旦那に対等に見てもらえていない・・・と感じる言動も増えました。

また、自分の収入がない辛さ、さらにワンオペ育児に息詰まり、働きたいと申し出ましたが、激戦区で保育園も入れず、旦那からも働かないでほしいと言われてしまい・・・。

この時、旦那を説得できるほどの考えもなく、働くことは一旦諦めることに。

働くことに理解が得られなかった、家事育児を助けてもらえない苦しさから、夫婦仲もギクシャク。

この状況を変えようと、思いを手紙に思いをつづったり(私は面と向かって話すと感情的なりがちなので・・)、夫をたてたりと頑張ってみました。

ライチ
マンガでも、ももこの母から夫をたてるようにと言われていました・・・

今思い返すと恥ずかしいですが、「愛され妻になる方法」が書かれた指南本を読んで、実践していたことも(笑)

確かに旦那から感謝されたり、優しくなったり、といいこともありましたが、続かないんですよね・・・。

2人目が生まれて、余裕がなくなって、愛され妻をやってられなくなりました(笑)

私は対等でいたいタイプのため、残念ながら合いませんでした。

そんな私たち夫婦も、今は夫婦仲も良くなりました。

そして、今では月1回お休みをもらえるようにもなりました!

関係がよくなった、心当たりがあるとすれば・・・・

私が好きなことを始めたこと(このブログもその一つです)

好きなことをすると、家事育児や旦那以外に目を向けるようになって、旦那への不満も不思議なもので減りました。

他にも、色んなことの積み重ねかもしれませんが、一番に思いつくのはこれでした!

自分でもなんだか意外な答えで戸惑います・・・(笑)

そして、自分が楽しく過ごすと、気持ちにも余裕が生まれました!

そういえば、一人目出産した時は転職したばかりで、旦那も大変だったのかも・・・と気づかなかった旦那の立場も考えられるように。

あと、日頃気をつけていることは、旦那に対して嫌味っぽくならないように心がけています。。

ライチ
今でも余裕がないと、ついやってしまいますが・・・

一緒に過ごして思うのは、夫婦関係も「山あり谷あり」

うまくいってる時期もあれば、かみ合ってない時期もありますよね・・・

私も家族でご機嫌に過ごせるように、日々模索中です!

マンガから考える夫婦関係をたもつコツ

マンガの中で、ももことつとむさんもお互いの気持ちを知ることで、ある答えにたどり着き結末を迎えます。

マンガを読んで感じた、夫婦関係を保つ上に必要なことは・・・

  • お互いを尊重する気持ちをもつ
  • 理解しようと心がける
  • 辛いときは、時短家電や、家事代行サービスやシッターなどに頼る、そして人に甘える
  • 夫婦だけじゃなく、家族でどうなりたいのか考える

どれも言葉にするのは簡単ですが、実際に行動にうつすのは大変。

自分に余裕がないと、相手のことをみることもできないですよね。。

しかし、頭の片隅に置いておいて、意識することが大事だと感じます。

ライチ
これ、自分に向けて言ってます・・・

そして夫婦関係だけでなく、マンガでは働くことの意味、意義も問われています。

お金のため?

自分の尊厳を保つため?

マンガでは、ももこ自身も、好きなことを仕事にする難しさや、お金を稼ぐことの大変さ、家計を支える責任の重さに直面して、自分の考えが甘いと感じています。

仕事に対する考えも、夫婦間で尊重しあえる関係でいたいものですね!

「ふよぬけ」夫婦を見直すために一度読む価値あり!

ももこや、つとむの気持ちに共感するもよし!

旦那の気持ちを知るために読むのもよし!

そんな夫婦、仕事に対して考えさせられるマンガ

夫の扶養からぬけだしたい

ももこに共感した方は、マンガを読めば、自分が置かれている状況を客観的にみることができるかもしれません。

実際その立場だと見えないことも、マンガとして読むことで見えてきます・・・!

目をつむりたくなるような問題もあるけど、夫婦として、家族として過ごすには見過ごせない。

正解は一つではなく、夫婦ごとにたどり着く答えは、様々あるはず。

そんなことに気づかされます。

私自身も、どんな形がお互いにとって居心地がいいか、日々探しています。

1番身近な旦那だからこそ、1番の理解者であってほしいし、自分も1番の理解者でいたい。

そんな風に願うからこそ、このマンガが話題になっているのかもしれません。

ライチ
気になる方は、是非マンガを覗いてくださいね!

マンガだからさらっと読めちゃいますよ!

電子書籍で読みたい方はこちら↓

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事